• お知らせ

    新製日の再定義と元号の扱い

    JR車両動向ですが、元号・西暦の表記統一と、予告していた新製日の再定義を行いました。

    新製日の再定義

    新製日については、2月に提案させて頂いた通り、定義を「*E」「*M」「*F」の3種類に分けて「年月日」の隣に表記を加えました。
    新製日以外の日付も、必要に応じてこの定義記号を追加しています。

    元号・西暦の表記統一

    従来、元号・西暦については、元号をカンマ区切り、西暦をスラッシュ区切りとし、新製・機器更新の節目は元号、それ以外は西暦としていました。
    以前から分かりにくいとのご指摘がありましたので、今回の更新では、表記は西暦とし、マウスオーバーで元号が表示されるように統一しました。

    JRトピックスとの連携

    新製日の一部で試用していた、日付部分のJRトピックスとの連携ですが、自動化の試みはサーバー負荷の関係で一度凍結し、手動で追加できる部分のみ先行して追加したいと思います。
    (写真は瀬越~留萌間の車窓)

    関連する記事

    ツールバーへスキップ