211系

チタN31編成の中間付随車4両が廃車されると、早くもJR東日本の211系は209系に両数で抜かれることになります。
一方のE233系はすでに2000両の大台を超え、量産されています。破竹の勢いと言われたE231系(近郊型の半数・三鷹の一部以外は新津がメイン)より、新造ペースが速い計算になります。
(E231系900・4600・600番台を除く製造期間で計算)

タイトルとURLをコピーしました