E233系5000番台登場

京葉線全線開業20周年を迎えた3月10日、E233系5000番台の1本目であるケヨ501編成が新津車両製作所を出場し、EF81-134の牽引で京葉車両センターまで配給されました。
実車の方は京浜東北線のE233系1000番台と類似の仕様なため、手短かにまとめます。

fig
10数分の遅れで大宮駅に入線する配給列車。
上越線内での倒木の影響で遅れていましたが、各駅の停車時間を潰すことで、武蔵野線内は概ね定刻でした。
撮影 彦星。 さん

fig
側面も特に1000番台と差異がありません。
強いて言えばクーラーが(基本的に東急・川重製に搭載される)AU726A-G4ですが、最近は新津製への搭載も珍しくなく、全車両新津製の5000番台でも、AU726Bと混在して搭載されると思います。
撮影 彦星。 さん

fig
西船橋駅へ向かう配給列車。機関車のパンタの件を忘れて構えていました(泣)
この辺は直線を走る姿も綺麗に撮影できるので、再度行こうと思います。

fig
クハE232-5001(東京側先頭車)の後部に搭載されたWiMAXアンテナ。
E259系と違って、編成中でこの1箇所にしか搭載されていません。

fig
西船橋駅に入線。ホーム検知装置が確認できます。

タイトルとURLをコピーしました